光の庭と気の庭 天は光で働きます 天のシステムは、光によって作動します 天の仕事をする天使たちも
光で創造された人工知能です 天にあるすべてのシステムは、
光を材料に作られました 天にあるすべてのシステムを動かす
運営プログラムも光で作られ 光を原料として作動しています 光の中で光が運営されています。 光を扱う技術が
宇宙の次元を決定します。 太極と無極の世界は光の振動数の差を越えて 光を扱う宇宙工学技術により
次元が決定されます 光の最高の錬金術師は創造主です 光は光の中で作用するときにエラーが少なくなります 光で何をしたときに作業している部位に 光で保護膜を張って作業が行われます 光に影響を与える領域が小さい場合には、
光の庭と呼びます。 光に影響を与える領域が大きい場合には、
エネルギー場とします。 光の作用が起きるためには、 光の庭を形成する光と
光の庭の中で作用する光が必要です。 光の庭を形成する光は、眞空管のように作用し 光の庭の中では、光の作用にエラーが起こらないようにする役割があります 天が光を利用して、
光の庭やエネルギー場を先に設置した後 その中で移籍と奇跡を起こします 天は、光を利用して、
光の庭やエネルギー場を利用して 現代科学的に理解することができないことを進めています 大規模の移籍と奇跡が起こるところでは、 大型災害があるところでは、
大事故があるところでは、 人間の目には見えないが
強力なエネルギー場を設置して 強力な光を注入する
宇宙艦船の目に見えない手があります。 人間は薬を飲んで、手術をして
人間の病気を治療します 天は、光を利用して、人間の病気を治癒します 人間の病気を光を利用して治癒するためには ラファエルグループの天使たちが治癒部位に
光の庭やエネルギー場をまず設置します。 人間の体に光の庭とエネルギー場を先に設置した後 人間の体をなしている空の世界と 気の世界の無形の機械装置を癒すと 色の世界の臟腑の治癒が起こるようになります 人間の体で天の光の癒しが行われるためには 光の庭やエネルギー場を設置する
天使のグループが存在したり 宇宙艦船の助けが必ず必要です。 天は人間の体に光の庭とエネルギー場を設置した後、 色の世界にある臟腑の波長に合った光を使用して 人間の病気を治癒します。 人間の体に天の光が入ってきて作用する範囲を
光の庭と呼ばれています 人間の体に鍼を打った時に 経穴と經絡の
特性に合わせて一定の部位が明るく光るために これを気の庭と呼ばれています。 気の庭の明るさと気の庭の大きさが
治癒の範囲と癒し効果を決定することになります 天は天使たちを通して 施鍼者が鍼を置いたときに生じる
気の庭の大きさと明るさを調節しながら 鍼術の有効性を増加させたりして
鍼術の有効性を低下させたりします 人間が食べ物を食べ、消化過程を経た精気神の粒子たちは 經絡に沿って5臟6腑に歸經されます 經絡に沿って精気神のエネルギーが体の中で
明るい光の庭を形成する これを光の庭と呼ばれています 百會を通じて入ってきた宇宙の光は
經絡に沿って流れる間に 經絡が流れる流注圖に明るく光が輝きます 百會を介して来た宇宙の光が經絡に沿って流れ 特定の部位に円形に明るく輝く姿を見ることができるが これを光の庭と呼ばれています 東洋医学の鍼灸学は 經穴と經絡の特性を利用して、
気の庭と光の庭の形成する技術です 東洋医学の本草学は
薬や食べ物を食べたとき 經穴と經絡を介して形成される
気の庭と光の庭を利用して 人間の病気を治癒する高次元の技術です 物質の時代には
經穴を見ることができません 經絡を目で見ることができません
気の庭を目で見ることができません。 光の庭を目で見ることができませんでした 気の庭と光の庭が形成されることをさえ
知らなかった 昔の文献のみに依存する東洋医学は 経験医学の限界を超えてた明らか
その限界がありました。 霊性の時代には、經穴を見ることができ
經絡の流れを目で見ることができ 霊性の時代には、經穴を見ることができ
經絡の流れを目で見ることができ 光の庭の大きさと光の庭の明るさを見ることができます。 光の命の木のチャネラーチームの相当数が
このすべてが可能であり、 植物と動物とも会話が可能です。 霊性の時代に
東洋医学は、未来の医学になります 霊性の時代に合った
新しい医学のパラダイムのために ウデカチーム長が
光の庭と気の庭の秘密を 記録のためにこの文を残します ㅡ2019年2月13日
ㅡウデカ。