炎症が治癒されている目に見えない世界の原理 炎症反応があるから
生命體は免疫體系を発展させることができ、 生命體は恒常性を維持することができます。 炎症反應があるから
細胞と組織は再生することができます。 炎症反応が起きて治癒されている
目に見えない世界の原理は次のとおりです。 ★炎症が生じる原因
•外部の毒性物質や異物質 •細胞や組織の損傷に起因する出血の発生 •包の燻蒸で生じる熱と濕による痰飮の發生 •經絡の損傷に起因する細脈の損傷→細脈と絡脈が破損、細脈と絡脈の斷折 •經絡が詰まりに起因する光エネルギー供給遮斷→邪氣と濁氣の停滯→炎症反應の開始→痛症 •無形の機械裝置の損傷や機能低下による光供給の減少
→臟腑機能の低下→慢性炎症反応と疾病発生 •無形の機械裝置で発生する積と聚が
背腧穴に抜け出せず、長い間停滯される場合 ★炎症が有る所に現れる空の世界の特徵 最初の特徵 炎症と疾病がある部位は、
經絡を通じて氣と光の供給が減るれ
暗く見えて黒く見えます。 第二特徵 炎症と疾病がある部位は、
經絡が詰まっているか切れています。 第三特徵 炎症と疾病がある部位は、
無形の機械裝置の作動に發生する 邪氣と濁氣が背腧穴を通して抜け出せず
經絡を脱して痛症がある部位に停滯されています。 第四特徵 炎症と疾病がある部位に
光に形成された無形の機械裝置が作動さ出てきた 邪氣と濁氣を積聚とします。 長い期間積聚が組織の次元間空間にとどまってみると難治病と不治病が発生することになります。 ★炎症が治癒されている空の世界(目に見えない世界)の機傳 すべての生命現象は、空の世界の6層の 生命回路圖システムに入力されたプログラムに
自動的に起きるようになります。 人間の体に配屬されている
天の医者グループであるラファエル天使がおり 本靈と配属されたラファエル天使のグループによって 生命體の生體システムが正常的に作動されるように
管理されて運營されています。 最初機傳→背腧穴の確保が行われます 炎症部位に治癒の光を直接投入して治癒しません。 炎症部位の邪氣と濁氣が排出される
背腧穴の確保が一番最初に行われます。 背腧穴の確保は天のラファエルグループによって行われます。 第二機傳→邪氣と濁氣の排出が行われます 邪氣と濁氣が排出がされた後
暗く見え濁に感じていた部位が明るくて晴れます。 私たちの体の妖精たちと龍がこの過程に
參與しながら支援しています。 第三機傳→積聚の除去後、排出が行われます 積聚の除去が行われると、
經絡を通じた光の循環が行われるようになります。 不治病や難治病が治癒するためには、
積聚の除去が必要行われるます。 この過程は、本靈の同義があってこそ円滑になれます。 第四機傳→炎症が発生した部位に関連する 無形の機械裝置の修理や交替が行われる段階です 本靈の同義や13次元以上の天の承認が行われるます。 無形の機械裝置の交替が承認されている次元があります。
疾病の治癒水準が決定される段階です 体の中にあるラファエルグループの天使たちも等級があります。 天使たちさえも生命回路圖と無形の機械裝置に接近することができる權限が定められています。 ♣️カルマエネルギー場によって
無形の機械裝置が修理されていない場合 →炎症と疾病が再發することになり →自然治癒力が低下し慢性炎症に轉換したり、疾病が深まるようになります ♣️カルマのエネルギー場に影響を受けたり、
老化が進行されて無形の機械裝置の機能が低下した場合 →慢性疾患が表示され、
→臟腑の機能低下が現れます →生命の循環力が低下し、エネルギー代射律が低下します ♣️外傷で組織が損傷された場合と
手術過程で組織が損傷された場合は、
經絡の損傷も一緒に行われます。 →經絡の再生と復原が行われます。 ♣️外科的手術過程で揷入されている保形物や補綴物があり、 これらは私たちの体は、自然なものではなく人工的なのです。 身體組織が人工物で交替された場合
交替したり、揷入された人工物に支援する 無形の機械裝置が再設置されたり
無形の機械裝置のセッティング価の再調整が行われます。 例えば、
水晶體移植手術をしたり、 人工關節をする場合
人間が作った水晶體と人工關節は 人間が創造(誕生)される時に持っていた原型とは異なるものなので これに伴う無形の機械裝置のセッティング値や 無形の機械裝置が人工關節と人工水晶體に合わせて新たに交替されます →このプロセスは、天のエネルギー體によって自動的に行われており この過程で、天の意志が最も多く反映されています。 手術後空の世界で、このプロセスが正常に行われない場合、 手術後水晶體機能の喪失に白內障が再発されます。 手術後水晶體機能の喪失に白內障が再発されます。 5番目機傳→色の世界に光の治癒が行われます 損傷された部位に直接光を投入して 光の作用で細胞や組織の損傷された臟腑を
治癒する過程になります。 再生と復原の性質を持つ光が使用されます。 この課程で使用される光の量と光の強さに応じて
治癒の速度が決定されます。 自然治癒力が発生する原理
免疫力が生じる原理 恒常性が行われる原理
炎症反応が治癒されている原理 手術後疾病が再發される原理を伝えます。 目には見えますが、が、
現代醫學の科学機器で確認することはできませんが、 生命の中に広がっている生命眞理を伝えます。 靈性の時代に繰り広げられる
生命眞理の時代と醫通の時代を開くために 未來醫學を開くため 疾病が治癒されている空の世界の治癒機傳を
ウデカチーム長が記録に残します。 目に見えないないことがありません。 目に見えないだけで すべての生命の中に生命の中に隠されている
生命の眞理があります。 現代醫學によって明らかになった生命眞理は
より広く、より拡張されます。 靈性の時代に繰り広げられる
生命眞理の世界に あなたを招待します。 2018年10月29日 ウデカ