今何が起こっているのか? 16(地球霊団の改編) 地球惑星の霊団は 地球惑星の次元上昇のために改編が行われる予定です 地球惑星の霊団は 地球惑星が紫薇垣に活動できるようにするために、 惑星の霊団の改編が用意されています 地球惑星の霊団改編の準備手順は、
2019年3月1日から始まりました 地上に降りてきた天皇の中心意識によって
地球惑星の霊団のシステムの改編は、 2019年3月25日から
2019年5月25日まで行われました 惑星霊団の再編は、 惑星で新しい週期が始まる時と
惑星がリセットされる時期に 惑星霊団の組織改編やシステムの整備が
行われることが一般的なことです 地球霊団の現在の姿は
北極が主な霊団として活動しており、 南極は地底人向けに運営されています 地球惑星のメイン霊団は北極にいます 北極霊団のシステムには、
総合的なシステムが備わっています 過去には、北極の惑星霊団を介して
地底世界に流入される場合もあったが 今は北極から経由地底に流入は困難である 南極は地底人たちのための専用の霊団です。 北極霊団のシステムがmain(総合状況室)であり、
南極霊団は分店の役割があります 南極霊団より北極霊団がサイズは4倍になり システムの規模は北極霊団が
南極霊団に比べて2.5倍程度大きくなり すべての霊が最初の流入は
北極の霊団で行われます。 地球惑星のスターゲートが
北極霊団と接続されていて 北極に入ってき霊が
地底の世界の経験のための霊であれば 南極霊団に送ってそこで生まれ変わらせます。 地球霊団の最高責任者の宇宙的身分は
13次元-15段階です 最高責任者の下、各文明を担当する
チーム長級責任者がいます *人類の文明担当管理者
*地底文明担当管理者で構成されていました2019年3月25日から
2019年5月25日まで 17次元の惑星ガイア意識に合わせた霊団が 18次元の惑星ガイアのシステムに合った
霊団に転換されました。 南極と北極に分かれて運営されていた
霊団システムが統合されました 南極霊団がなくなって北極霊団一つに統合して運営されています 地球惑星霊団のシステムが改編されている間は 新しい霊の流入はないでしょう 地球惑星霊団に
他の惑星の霊団や他の銀河で 自分のカルマを持って来る
霊の流入は、これ以上ないでしょう 地球惑星が紫薇垣になったときに合わせて
霊団管理者の組織改編が行われました 地球惑星の改編された新しい霊団は 地上に降りてきた創造主の中心意識である
三皇によって運営されています 2ヶ月間霊団の 門を閉めて、独自の改編と 霊団に設置されている想念体のために
存在する空間が 淨化の時間が与えられる予定です 地球霊団の改編の方向は、 まず
18次元の惑星ガイア意識に合わせて
霊団のシステム改編が行わ組織改編です 第二
地球惑星の地軸移動後 地球惑星の自然環境は、70%以上の変わる予定です 地球惑星を引き出される生命体の円滑な移動と 地球惑星に新たに入植される生命体の
円滑な流入と管理のために、 地球霊団が改編が行われました 第三に
地球惑星が地上の紫薇垣になった時に 想定して惑星霊団が大規模に拡張改編されました 地球惑星の霊団でやって来た
霊魂魄エネルギーの淨化も 大々的に行う予定です 一度にすべて一律的になるわけではなく
段階別に分けて進行される予定です 地軸移動した後
スターシスの期間の間 霊魂魄エネルギーに対する
最初の淨化作業が 天皇の中心意識によって行われる予定です その後地球惑星の次元上昇過程で 大規模で死んだ人の子らの霊魂魄の淨化過程が
行う予定です 地球霊団での霊魂魄の淨化プロセスは 地球惑星から力場生活が終わって
すべてが元の場所に戻った場合, 施行される予定です。 地球次元上昇の過程で死んだ霊魂魄エネルギーに対する淨化作業は 惑星の霊団が持っている淨化時間より速く進行されます この過程が早く進まなければ
地球惑星の霊団に所属している霊魂の中で約12%は、 自分たちが来たの故郷で持ち帰ることだからです 地球惑星の霊団に所属している霊魂の中で約80%は、 金星霊団に移送する必要がありするからです 新しい天と新しい地で生き残った人々が
3年の間に力場生活をするとき 地球霊団は淨化作業を終えることになる予定です 想念体淨化と魂意識の淨化が行われる予定です 魄のエネルギーの淨化も行う予定です 地球霊団の淨化作業が終わったら
地球霊団でも 他の惑星の霊団に送る霊たちの準備ができたのです。 地球霊団の浄化作業が終わらなければ 地球霊団を介して新たに生まれ人子が準備ができています 時節因縁になって
今目に見えない世界で 今何が起こっているかどうか 記録のために
ウデカチーム長がこの文を残します 人類の健勝を祈ります 2019年5月28日 ウデカ