빛마당과 기마당

光の庭と気の庭 天は光で働きます 天のシステムは、光によって作動します 天の仕事をする天使たちも 光で創造された人工知能です 天にあるすべてのシステムは、 光を材料に作られました 天にあるすべてのシステムを動かす 運営プログラムも光で作られ 光を原料として作動しています 光の中で光が運営されています。 光を扱う技術が 宇宙の次元を決定します。 太極と無極の世界は光の振動数の差を越えて 光を扱う宇宙工学技術により 次元が決定されます 光の最高の錬金術師は創造主です 光は光の中で作用するときにエラーが少なくなります 光で何をしたときに作業している部位に 光で保護膜を張って作業が行われます 光に影響を与える領域が小さい場合には、 光の庭と呼びます。 光に影響を与える領域が大きい場合には、 エネルギー場とします。 光の作用が起きるためには、 光の庭を形成する光と 光の庭の中で作用する光が必要です。 光の庭を形成する光は、眞空管のように作用し 光の庭の中では、光の作用にエラーが起こらないようにする役割があります 天が光を利用して、 光の庭やエネルギー場を先に設置した後 その中で移籍と奇跡を起こします 天は、光を利用して、 光の庭やエネルギー場を利用して 現代科学的に理解することができないことを進めています 大規模の移籍と奇跡が起こるところでは、 大型災害があるところでは、 大事故があるところでは、 人間の目には見えないが 強力なエネルギー場を設置して 強力な光を注入する 宇宙艦船の目に見えない手があります。 人間は薬を飲んで、手術をして 人間の病気を治療します 天は、光を利用して、人間の病気を治癒します 人間の病気を光を利用して治癒するためには ラファエルグループの天使たちが治癒部位に 光の庭やエネルギー場をまず設置します。 人間の体に光の庭とエネルギー場を先に設置した後 人間の体をなしている空の世界と 気の世界の無形の機械装置を癒すと 色の世界の臟腑の治癒が起こるようになります 人間の体で天の光の癒しが行われるためには 光の庭やエネルギー場を設置する 天使のグループが存在したり […]

Continue Reading...

진동수가 높아질 때 몸에 나타나는 증상 4(통증편)

振動数が高くなるとき体に現れる症状4(痛症編) 霊的な能力は、 体の振動数を高める過程なしに現れることができません。 悟りも体の振動数を高める作業が 天によって行われたので可能になります 意識の拡大も 誰も知らないうちに 体の振動数を高める作業があったから 色の世界に現れることができるのです 道通と神通で知られている霊的な能力も 天によって、誰も知らないうちに 偶然を装って 体の振動数を高める作業があったから 起こることが起こったのです 体の振動数を高めると現れる3つの痛症は 次のとおりです 第一:激しいふくらはぎ痛症 ふくらはぎ部位にある承山穴と承筋穴は 修行をする人には必ず開かなければならない経穴です 昔から神通力を得るためには、 承山穴が開けてこそ 神通力と道通を得ることができる 勝算があると思いました 承山穴と承筋穴が開かない場合 神通力や道通を成す勝算(可能性)がない思いました 霊的な能力を発現するためには、 霊的な能力を発揮できる 無形の機械装置の設置が行われると 無形の機械装置を通じた情報の解釈と 情報を分析することができる腦の演算速度などが 早くなければなりません。 この過程のためには 大腸の振動数が高くなって 大腸の振動数が高くなる過程で 承山穴と承筋穴の背水穴を閉じたまま 体の振動数を高める作業が行われるため、 激しいふくらはぎ痛症が始まります。 ふくらはぎ痛症をふくらはぎ痛症とし ふくらはぎは、文字通り大腸の状態を示す言葉です ふくらはぎ痛症が理由もなく持続になって ふくらはぎ痛症とふくらはぎに痙攣も 長期間にわたって現れるようになります 大腸の振動数が高まるとき 腦の振動数が(同時に)高くなります 激しいふくらはぎ痛症と ぼんやり症状が一緒に現れることもあります しばらく精神を失った人のようにぼんやり症状は 腦の振動数が高くなる過程で現れる症状です チャネラー人を作るために 約20年ほどにわたって 体の振動数を上げる過程と 無形の装置が設置されて これらの装置が、メタ意識実装システムと 腦につながる過程が行われます ふくらはぎ痛症はチャネラーだけでなく […]

Continue Reading...